3*乾燥について知る

Pocket

こんばんは、まッつんです。

今日は乾燥に負けない肌作りをするための第一歩としてまずは【乾燥】についてお話ししますね。

最初に肌が水分を保持するための三大要素について。

・皮脂膜
角質はがれ、肌の水分の蒸発を防止。
滑らかな肌を保つ役割がある。

・NMF(天然保湿因子)
水分を吸着し角質層に保持する。
肌の柔軟性と弾力性を保つ役割がある。

・細胞間脂質(セラミドなど)
角質細胞同士の隙間を埋め、外部からの刺激、
体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ役割がある。

これらの三大要素はどれも重要な役割を果たしていますが、保湿要素の約80%は細胞間脂質となっています。

では、なぜ私たちには保湿能力があるにもかかわらず乾燥肌になってしまうのか。 

原因その1
 間違ったスキンケア

原因その2
 食事、食生活

原因その3
 生活習慣

この中から今日は【間違ったスキンケア】について一緒に知りましょう!

・こすりすぎや力のいれすぎ
洗顔時に何度も肌をクルクルなで回したり化粧水を肌の奥まで浸透させようとギュッとあてたり…
実はこれらが乾燥の原因になるのです。
角質層をキズつけ保水能力が低下します。
さらには、炎症を引き起こしシミになることも。

・クレンジングと洗顔の回数が多い
洗顔時には肌の汚れや余分な皮脂だけでなく、皮脂膜や細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)も洗い流されます。
これらは肌の水分を保持するための三大要素なので水分保持力が低下する原因になります。

・洗浄力の強いクレンジングや洗顔剤を不必要な場所にも使用している
洗浄力が強いということは、皮脂膜や細胞間脂質、天然保湿成分なども洗い流されてしまいます。
特にふきとりタイプやオイル、リキッドは洗浄力が強いとされています。

って言われても「じゃあどうすればいいの~!!」ってなりますよね。

大丈夫です、ちょっとしたことの積み重ねで乾燥肌は改善してくるので、今日から一緒に取り組みましょう!

・スキンケアをする際は「優しく、力はいれすぎない、指を触れさせない」
指を触れさせないって無理!って思いましたよね(笑)
触れさせない意識でスキンケアをして下さい。
お肌にとって摩擦は大ダメージなので優しくケアして下さいね。

・夜洗顔と朝洗顔を一緒にしない
夜と朝、両方洗顔剤を使っていませんか?
乾燥肌の人は皮脂の分泌が少ないので朝はぬるま湯でサッと流す程度で大丈夫です。
また熱いお湯で洗顔をするのも乾燥の原因となります。
必ず水またはぬるま湯で流すクセをつけましょう。

・クレンジングを肌に優しいものへ
ふきとりタイプやオイルは洗浄力が強いので、クリームやミルクタイプなどに変えるのも乾燥対策になります。
普段がっつりメイクだから洗浄力の強いものを!という場合にはがっつりメイクをするところだけ使用し、あとはクリームやミルクにするなど使い分けるのもいいですね。

ちなみに私も上記の3つは実践しています。

以前は…

肌をゴシゴシ!汚れ落とすぞ~!

冬寒いしお湯で流すでしょう!

夏は汗かくから朝も洗顔剤でゴシゴシ洗うぞ~!

リキッドでメイクをしっかりオフ!!

なんて、乾燥肌まっしぐらコースを歩んでいました(汗)

結果はもうわかりますよね?

カサカサ肌の完成です。

でも、上記3つを実践するだけでも肌の状態は確実に変わってくるので今日からやってみて下さい!
日々の積み重ねは必ず良い結果に結びつきます^^

私も継続+素敵なアイテムで乾燥肌改善してきてます*

一緒に乾燥に負けない肌を目指しましょうね☆

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクッリクして下さると嬉しいです♪

お問い合わせはこちらからどうぞ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です