30*スキンケアにコットン

Pocket

こんばんは、まッつんです。

今日も乾燥に関する役立つ情報を共有していきます。

突然ですが、あなたは化粧水を顔につける際どうやってつけますか?
手でそのままハンドプレスしますか?それともコットンに浸してつけますか?

どちらのほうが肌にいいのかわからないという人もいるかと思いますので、化粧水を手でつける場合とコットンでつける場合でメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。
では、早速見ていきましょう!

 

 

 

 

◆化粧水を手でつける
まずは化粧水を手でつける場合を見てみましょう。
こちらのメリットはなんと言ってもコストがかからないのでとても経済的なことです。
そして、体温を利用するいわゆるハンドプレスを行うので、化粧水の美容成分を角質層の奥まで届けることができます。
一方デメリットを挙げるとしたら、手は雑菌や汚れがつきやすいため、事前に手を洗っておかないと衛生面で心配ですね。
手で化粧水をつけるときのポイントとしては、小鼻やあご先など、細かいパーツのつけムラに注意しましょう。
叩き込むようにつけると肌を傷めてしまうので、てのひら全体でやさしくなじませることを意識しましょう。

◆化粧水をコットンでつける
次に化粧水をコットンでつける場合を見ていきましょう。
コットン使用時のメリットは、ムラなく細かい部分まで丁寧につけることができることです。
また、化粧水を手でつける場合より乾燥しにくくなり、ある調査結果ではお手入れ20分後の肌のうるおいを比較してみると、約1.3倍もうるおいをキープできるということがわかったそうです。
手の体温が肌に伝わらないため、毛穴が引き締まりやすくなり、メイクのもちも期待できるかもしれませんね。
また使用後にはコットンパックができるなど、コットンにはメリットも多いのです。
ただし、使い方とコットンの質によっては肌に負担をかけることがあるので、使用する際は自分の肌に合ったものを選びましょう。

化粧水を手でつけるかコットンでつけるかで肌の状態も変わってきます。
人それぞれで好みもあると思いますので自分に合ったスキンケア方法で丁寧に保湿して下さいね。

ちなみに私は面倒くさがりなのとお金をかけたくないので化粧水は手でつける派です!
上記を見るとコットンの方が良さそうな感じもしますが…

でも、1回くらいはコットンでのスキンケアも実践してみたいです☆

あなたも自分に合ったスキンケアで乾燥に負けない肌作りをして下さいね!
私も乾燥に負けないよう日々のスキンケアを頑張ります!

次回はULUシェイクモイストミルクの途中報告をしますね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックして頂けると嬉しいです^^

質問・メッセージはこちらからどうぞ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です