16*セラミドと食事

こんばんは、まッつんです。

連日書いておりますが保湿効果抜群のセラミドについて一緒に学んでいきましょう。
今日はセラミドを増やす食べ物、減らす食べ物をご紹介します。

まず、セラミドとは?
→皮膚の角質層の中で生成され、肌の水分保持機能やバリア機能を保つ。
セラミドが不足することにより乾燥肌によるトラブルの原因に繋がります。

では、普段の食事からでもセラミドは補えるのか。

セラミドを多く含む食べ物から見ていきましょう。

米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などに多く含まれていて、特にこんにゃく芋は米や小麦の7~16倍も多くセラミドが含まれているそうです。
ほかにも、黒豆、小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒こしょうなどの「黒色」の食品もセラミドが多く含まれています。

1日に必要なセラミドの量は600μg(マイクログラム)で、生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、小麦はスパゲティで3皿分必要となってきます。
さらに、食べ物を消化・吸収する過程では排出されてしまうので、上記より多くの量を摂らなければなりません。

反対にセラミドを減らしてしまう食べ物とは。

肌の中でセラミドを生産する際に必要な原料でリノール酸というものがあります。
こちらは適度な量の摂取は必要なのですが、過剰に摂りすぎると、リノール酸から合成されるアラキドン酸が細胞を満たしてしまいます。

※アラキドン酸:ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の一種

リノール酸の過剰摂取によりアラキドン酸が増えると、セラミドを減らして乾燥肌の原因に。
また、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状や動脈硬化、高血圧などを引き起こす可能性もあります。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。
これらを使用した揚げ物や炒め物、マーガリン、ドレッシング、ラーメン、インスタント食品はセラミドを減らしてしまうので過剰に摂取するのは控えましょう。

セラミドを多く含む食べ物と減らしてしまう食べ物について書いてきましたが、セラミドは経口摂取よりも、肌に直接塗るスキンケア商品の方がより直接的な効果が期待できるといわれているそうです。

普段の食事も気にかけながらスキンケア商品で外側からもセラミドを効率的に補って、乾燥に負けない肌を目指しましょう!

小林製薬 ≪送料無料≫
ヒフミドトライアルセット
←←←←←外からセラミドを補う

セラミド

あなたのお肌が潤いますように…☆

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックしてくれるとまッつんは喜びます^^

質問・メッセージありましたらこちらからどうぞ

15*セラミドの種類

こんばんは、まッつんです。

今日は乾燥する人へで紹介したヒフミドシリーズに配合されているセラミドの種類について書いていきます。

まず配合されていたセラミドの種類はセラミドⅠ、セラミドⅡ、セラミドⅢの3種類です。

それでは、それぞれどのような働きをしてくれるのでしょうか?

セラミドⅠ

→外部からの刺激に対してバリア機能として働いてくれます。角質層の細胞間脂質を互いに繋ぎ合わせ、この働きによって角質層が隙間なく敷き詰められます。これにより肌を外部刺激から守るバリア機能を果たしてくれているのです。なめらかで柔軟性を持った肌を保つ役割があります。

 

セラミドⅡ

→皮膚に存在するセラミドの約21%を占めていて、セラミドの中で最も高い保湿機能を持っています。肌のバリア機能(保湿機能)をサポートする役割を担う。セラミドⅡの量の増減によって、肌の乾燥具合が大きく変わってきます。

 

セラミドⅢ

→セラミドⅡと同様に乾燥肌やシワの予防にもなる保湿効果を持っているが、加齢と共に減少が著しいセラミドです。

 

簡単にまとめると

セラミドⅠ:外部刺激からのバリア機能をサポートする

セラミドⅡ:保湿機能をサポートする

セラミドⅢ:保湿機能とシワの深さを軽減する機能

となります。

上記でも特にセラミドⅡとセラミドⅢは保湿効果に優れているため、乾燥に効果的なスキンケア化粧品の他、髪のトリートメントなどにも多く使われています。
また油にも水にも馴染み保湿を優先した化粧品向きなのですが、抽出が難しいみたいで手間がかかるそうです。そのため商品化される際には高額になることが多いようです。

しかし、あまりにも安いスキンケア商品ですと、合成セラミドの可能性もあるので効果を実感しにくいということもあります。

実際、私も安めのセラミド配合の化粧水を使っていましたが、乾燥肌が改善されることはなくメイクもお昼にはカピカピになっていました(泣)

お肌のことを考えるのであれば少し高くてもセラミドⅡやセラミドⅢのように肌にしっかり浸透し役割を果たしてくれるセラミドが配合されているスキンケア商品を買うべきだと私は思います。

お肌の状態に個人差があるので絶対とは言えませんが、少なくとも乾燥肌で悩んでいるのなら配合されているセラミドの種類も気にして、自分に合ったスキンケア商品を見つけてくださいね。

今日紹介したセラミドⅠ~Ⅲが全て配合されているスキンケア商品は乾燥する人へでも紹介しているので覗いて、試してみてくださいね^^

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックしてくれるとまッつんは喜びます^^

 

質問・メッセージありましたらこちらからどうぞ

14*セラミドを贅沢に使う

こんばんは、まッつんです。

お肌の調子はいかがですか? 乾燥が気にならなくなってきた!という人も、まだまだ乾燥に勝てない…という人も毎日コツコツとスキンケアをして乾燥に負けない肌を目指しましょうね!

さて、前回乾燥する人へで紹介しましたセラミド配合の化粧水とクリームですが、実はUVプロテクトベースにもセラミドが配合されているのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと言うならヒフミドトライアルセットに入っているもの全てにセラミドが配合されています。

ソープにまで配合されているってすごいし、贅沢ですよね!!

乾燥に徹底的に立ち向かう魂がメラメラと見える。。。(気がする。。。)

 

そして、気になるのは安全面ですよね。

肌に直接つけるものだからそこが一番気になるかと思います。

前にも書きましたが製薬会社が作っているスキンケア商品なので安全面でいえばクリアできているかなと個人的には思います。

1,無香料・無着色

2,パラベン・エタノール不使用

3,低刺激性

4,アレルギーテスト、スティンギングテスト済

※スティンギングテスト:塗布したときの皮膚の刺激(ヒリヒリ感)

 

4番は大事ですよね。

私は肌に合わないとヒリヒリしてしまうので、テストで問題がなかったのなら試してみようかなという気持ちになれました。

もちろん肌に合うか合わないかなんて使ってみないと分からないんですけどね。

 

だから、肌に合わなかったらすぐに使用をやめてくださいね。

少なからず個人差はあるので(><) 特に問題なく使えるのであればぜひ試してほしいです。

あなたの肌にもセラミドをぐんぐん浸透させてほしいというのが私の願いです。

 

乾燥知らずの肌になれますように☆

ちなみに私自身は化粧水とクリーム、UVプロテクトベース、マイルドクレンジング、ソープを愛用しています。

5点とも全てにセラミドが配合されているので、乾燥する暇もないです(笑)

使えば使うほどに効果が期待できるヒフミドトライアルセット

乾燥してシミやシワ、敏感肌に移行してしまう前にヒフミド補給をしましょう!!

 

セラミド

 

本日も長々とありがとうございます^^

記事を読んだよ~!っていう方↓からクリックしてくれるとまッつんは嬉しいです♪

 

質問・メッセージありましたらこちらからどうぞ

13*乾燥とセラミド

こんばんは、まッつんです。

乾燥に負けない肌作りは順調ですか?
私も日々乾燥に負けじと丁寧なスキンケアで肌を保湿しています。

潤った肌を目指して一緒に頑張りましょうね。

今日は前々から作成中ですと言っていた私が愛用している化粧水とクリームについてのレビュー記事ができましたのでぜひご覧下さい。

 

乾燥する人へ←←←←←読んでみる

 

 

上記で紹介している化粧水とクリームは私自身も使っていて、今まで試してきたスキンケア商品の中で一番乾燥に効くものです。

 

何を使っても乾燥のせいでお昼にはメイク崩れで毎日悩んでいたのですが、こちらの化粧水とクリームを使ってからは乾燥知らずの肌に生まれ変わりました。

 

もちろん使い続けることによっての結果ですが、ちゃんと使い続ければ効果は必ず出るので読むだけでも乾燥する人へを読んでみてください^^

 

読みづらい部分もあるかと思うので適宜修正しますm(_ _)m

 

またいつでも見られるようにメニュー画面に置いておくので見たいときはそこから飛んでください☆

 

短いですが本日はここまでで失礼致します。

 

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックしてくれるとまッつんは喜びます^^

 

質問・メッセージありましたらこちらからどうぞ

12*ヒアルロン酸とスクワラン

こんばんは、まッつんです。

桜花媛プリンセスナイトリペア
を使い始めて7日目

塗っていないときに比べて肌がだいぶ潤ってきました。
やはり塗った時のラベンダーの香りに癒やされますね。

そして、肘や膝にも塗っていると前回の記事でお話ししましたが、今現在は皮がポロポロ剥けることはなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗ではありませんがこんな感じ。
乾燥せずにツルンとしています。

ツルンっていう表現でいいのか!?

それはさておき肘や膝って、お手入れをしっかりしていないと乾燥だけでなく黒ずんでくるのが気になりますよね。

個人的に毎日やっているのは化粧水とクリームを顔につけて浸透させる際に、化粧水を顔→首→顔→肘→顔→膝という順番で気になる部分にも化粧水を使っています。
この後、首はクリームも塗り、肘と膝は桜花媛プリンセスナイトリペア
を塗っています。
この一手間があるだけでも肌は潤います。

しかし、あくまでも個人的に良いなと思いやっていることなので興味のある方はやってみてください!

あなたの肌も毎日の積み重ねで潤ってきますよ♪

そして、私が愛用している化粧水とクリームについてですが、レビュー記事が間もなく完成しますので次回あたりお知らせできたらなと思います。

前置きが長くなりましたが、今日はヒアルロン酸とスクワランについて調べたので情報共有しますね。

◆ヒアルロン酸
ヒアルロン酸はたった1gで6000mlの水分を保持できると言われています。
元々肌の真皮に備わっており、肌の弾力保持に役立っています。
しかし、化粧品に含まれているヒアルロン酸自体は分子が大きいため、肌に塗ったとしても表皮の1番外側にある角質層に留まってしまい、真皮までは届かないのです。

では、なぜ化粧品にヒアルロン酸が配合されるのか。

それはヒアルロン酸が角質層の水分を抱え込むことで、水分の蒸散を防いでくれるからです。
その結果、保湿力による小ジワの予防や改善、肌のバリア機能のサポートなどが期待できます。

◆スクワラン
潤滑性に優れていて、クリームや保湿剤などの成分として使用されます。
添加物や化学物質などが含まれていない天然の保湿剤で、人の皮脂膜にも含まれる成分です。
肌に馴染みやすく、保湿効果も高いです。
天然の皮脂膜と同様、お肌のバリアとして働いてくれます。

また、スクワランは沸点と引火点が高いので、凝固点が低いことから固まりにくいという特性を持っています。
よって、化粧品の原料にとても適した成分となります。

これらはプリンセスナイトリペアに含まれているので、見るだけでも見てみようかなという方は↓からゆっくり見て下さいね^^


ヒアルロン酸とスクワランについては全て知っていましたか?
知っているようで知らないこともたくさんありますよね。

個人的にはスクワランってあまり聞いたことがなかったので、この記事を書くにあたって自分で調べて知れて為になりました。

これからも色々調べて情報共有していきますので楽しみに待っていて下さい!

本日もお読みいただきありがとうございます^^

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックしてくれるとまッつんは喜びます♪

質問・メッセージありましたらこちらからどうぞ