6*乾燥と生活習慣~対策~

こんばんは、まッつんです。

今日も一緒に乾燥について理解を深めましょう!

前回5*乾燥と生活習慣で普段の生活の中にも乾燥の原因となることがたくさんあると分かりました。

今回はその中で出来る乾燥対策を知って、乾燥に負けない肌作りをしていきましょう。

1,睡眠不足対策
睡眠と聞くと【ゴールデンタイム】っていう言葉を一回は聞いたことがあるのではないでしょうか?
主に22~2時が肌のゴールデンタイムと言われ、この時間帯に成長ホルモンが多く分泌されると言われていました。

が!

どうも決まった時間に成長ホルモンが分泌されるわけではないみたいです。

就寝後、最初のノンレム睡眠90分と、レム睡眠90分の合計180分間の間に多く分泌されるということが判明されたみたいです。

ノンレム睡眠:深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
レム睡眠:浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態

要は寝始めてから3時間をいかに深く眠るか
そのためには以下3つのことが重要となります
1,就寝時に血糖値が下がっている
2,寝る1時間前に身体を温め、就寝時に体温が下がるようにする
3,寝る前1時間は脳を覚醒させない

では、具体的に何をすればよいのか

・就寝前2時間は食べ物を口にしない
・寝る前2時間以内に食べ物を口にしたら軽い運動をするなどして、血糖値を下げる
・寝る1時間前に入浴し身体を温め、寝る前には体温が下がっているようにする

これらに注意するだけでも例え就寝時間が遅かったり、不規則でも成長ホルモンを分泌して肌が回復します。

2,入浴対策
上記で睡眠1時間前の入浴は成長ホルモンの分泌に有効と書きましたが、入浴方法が間違っていると逆に乾燥肌の原因となるので、正しい入浴方法で乾燥に負けない肌を目指しましょう!!

ひとつめのポイントはぬるま湯で短時間の入浴
熱いお湯や長時間の入浴によって、角質層がふやけて、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が流れ出てしまいます。
お風呂やシャワーの温度を38~39℃に設定し、お風呂につかる時間も20分程度にしましょう。

ふたつめのポイントは身体の洗い方
皮脂の少ない部分(手足や腰、お腹周りなど)は2~3日に1回洗うようにする。
毎日洗う場合は、洗浄力がマイルドなアミノ酸系の界面活性剤を使用しているもので洗う。
タオル等でゴシゴシ洗いをするのではなくよく泡立てた洗浄剤を手のひらに伸ばすようにして洗う

みっつめのポイントは保湿
いくら気をつけていても多少は角質層内の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は流れ出てしまいます。
また、皮脂膜も洗い流され、肌は無防備な状態です。
乾燥を防ぐためにも入浴後はすぐに保湿をしましょう。

3,空気の乾燥・エアコン対策
水分保持力が低下している状態では空気の乾燥に肌が負けてしまうので以下の点に気をつけましょう。
・部屋の広さに合った加湿器を使い、湿度を保つ
・エアコンの温度を高くしすぎない
・コタツや電気毛布の使用を控える
コタツや電気毛布においては肌に熱を加えると乾燥だけでなく、熱の刺激によってかゆみが生じ、掻くことで角質層を傷めることがあります。

4,衣類・寝具対策
衣類に関しては、刺激の強い繊維の衣服を着る場合はコットンのインナーを着て肌に直接触れないようにしましょう。
寝具に関しては、顔周りや首に触れると刺激の強いものだとかゆみが生じて掻いてしまうので、肌触りのよい自分の肌に合った物を選びましょう。

以上が普段の生活で出来る乾燥の対策となります。

知っているようで知らないこともありましたね。

私も日常生活で取り入れられることは積極的に取り入れて、乾燥に負けない肌を目指して努力します!!

長々とお読み戴きありがとうございます。

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックしてくれるとまッつんは嬉しいです♪

何か質問、メッセージがありましたらこちらからどうぞ

5*乾燥と生活習慣

こんばんは、まッつんです。

今日は原因その3にあった生活習慣についてお話ししますね。
乾燥について一緒に理解を深めましょう!

乾燥の原因として三つ目に挙げました【生活習慣】
具体的にどんなことが考えられるでしょうか?
それでは実際に見ていきましょう。

1,睡眠不足
4*乾燥と食生活で少し出てきた言葉【ターンオーバー】
水分を保持する三大要素【細胞間脂質】は、ターンオーバーの過程で生成され、角質層内に放出されます。

そのため、ターンオーバーが乱れると細胞間脂質の生成も十分に行われず乾燥の原因となってしまうのです。

そのターンオーバーを一定の周期に保つ働きをしているものがあります。
誰もが知っている【成長ホルモン】です!

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少してしまい、ターンオーバーも乱れてしまいます。

その結果、細胞間脂質の生成も減少し乾燥の原因へとつながってしまうのです。

2,乾燥した空気
あなたの肌が健全であれば、例え乾燥した環境にいてもすぐに回復するため、一時的に乾燥しても肌の乾燥が進むことはありません。
しかし、水分保持力が弱まっている状態で乾燥した空気にさらされてしまうと、角質層が水分を失ってしまいはがれやすくなってしまいます。

3,入浴
普段生活している中で当たり前となっている入浴に関しても間違った方法だと乾燥の原因へとつながってしまいます。

ひとつめは熱いお湯につかること。
水分を保持する三大要素、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、42℃以上のお湯につかると流れ出てしまいます。
特に、NMF(天然保湿因子)は水に溶けやすく、乾燥肌の方は熱いお湯でなくても溶け出してしまうのです。

ふたつめは長時間の入浴
長時間の入浴は肌が濡れた状態が続くので、角質層がふやけてしまい、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が余計に流れ出てしまいます。

みっつめはゴシゴシ洗い
角質層にはバリア機能があります。
その角質層の厚さは約0.02㎜(ラップ一枚程度)で、決して厚いとはいえない角質層をゴシゴシと洗うことで物理的刺激が加わってしまいはがれてしまいます。
そうすると、角質層内に存在する細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)も失われるので、結果的に肌の水分保持力が低下してしまいます。

4,衣類・寝具
普段身につけている衣類も乾燥の原因となることがあります。
肌と衣類の間で摩擦が生じると角質層がはがれてしまいます。(例:目の粗いウールセーターなど)
肌に合わない衣類の場合はかゆみが生じ手で掻くことにより摩擦で角質層がはがれてしまいます。
また寝るときに欠かせない寝具、枕カバーやタオルケットなども寝ているときに摩擦が生じて角質層が傷ついてる可能性があります。

以上のように、日常生活の中にも乾燥の原因がたくさんあることがわかりましたね。

私自身も調べていて「なるほどね」と思うことがたくさんありました。

これを知っていると知らないでは対策の仕方も当然変わってくると思うので、ここで乾燥の原因について知ることはこれからのスキンケアにとても役立ちますね。

上記を踏まえて、次回は乾燥と生活習慣の対策について一緒に学びたいと思います^^

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクリックして頂けるとまッつんは嬉しいです♪

何か質問・メッセージがありましたらこちらからどうぞ

4*乾燥と食生活

こんばんは、まッつんです。

今日は3*乾燥について知るでお話しした、乾燥の原因2の食事と食生活について一緒に学んでいきたいと思います。

乾燥は食事・食生活の影響も強く受けるとされていて、水分を保持する三大要素(皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質)を保つためには様々な栄養が必要とされています。

・タンパク質
肌や身体はタンパク質から合成されます。
タンパク質不足になると角質細胞の生まれ変わりが正常に行われず、ターンオーバーが遅れてしまいます。
その結果、ターンオーバーの過程で生成されるNMF(天然保湿因子)がうまく生成されなかったり、角質層に放出されるはずの細胞間脂質が放出されず量が減り乾燥の原因になってしまうのです。

・必須脂肪酸
【必須脂肪酸】とは私たちの身体では合成できない脂質のことです。
私たちの細胞の細胞膜の主な材料で、必須脂肪酸が不足すると細胞の生まれ変わりが正常に行われず、ターンオーバーが遅れます。
必須脂肪酸には、「オメガ3系脂肪酸(アルファ・リノレン酸系列)」と「オメガ6系脂肪酸(リノール酸系列)」の2種類があります。
このオメガ3系とオメガ6系の脂質をバランス良く摂ることが重要です。

・亜鉛
お肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのに必要な栄養です。
亜鉛不足になると皮膚炎や湿疹、皮膚の傷が治りにくくなる他、脱毛の原因にもなります。

・ビタミン類
ビタミン不足が肌に影響を与えるのは知っていますよね。
その中でも特に影響を与えるのは下記の4つです。
ビタミンA:角質層の天然保湿因子(NMF)の生成、 皮膚や粘膜を正常な状態に保つ。不足すると角質層の保湿力が低下します。
ビタミンB群:お肌のターンオーバーを正常に保つ。不足するとターンオーバーが乱れ、乾燥やニキビなどの肌荒れの原因に。
ビタミンE:肌の血行を促進し、新陳代謝を活発にする。抗酸化作用が強く、活性酸素から細胞を守る。
ビタミンC:コラーゲンの生成を促し、健全な新陳代謝を保つ。

これらを踏まえて、じゃあどうすればいいの~!!

ということで、しっかり対策しましょうね。

・タンパク質の摂取
朝食はパンと牛乳、ごはんと味噌汁なんてことありませんか?
これだと炭水化物メインとなってしまいます。
少し意識をして卵料理や納豆、ベーコン・ウインナー、
焼き魚などタンパク質豊富なメニューも加えてみて下さい。
昼食と夕食も一緒でパスタやラーメンなど炭水化物のみは避けて
魚やお肉がメインの定食など野菜とバランスよく食べてみましょう。

・必須脂肪酸の摂取
驚くことに日本人なら誰しも食べる和食は、
オメガ6とオメガ3の比率はほぼ3:1で、理想的なバランスとなっています。
よって、ファストフードや揚げ物、スナック菓子類の摂取を控え、和食や魚料理を意識して食べることによりオメガ3系脂肪酸の不足はかなり解消できるとされています。
オメガ3脂肪酸はサーモン、サバ、イワシなどの魚介類、オメガ6脂肪酸はコーン油、大豆油、ゴマ油、ベニバナ油などに多く含まれています。
和食が苦手という方はサプリメントから摂取するのもいいですね。

・亜鉛の摂取
亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどに多く含まれています。
卵とチーズなら普段の料理でもよく使われると思いますので、食事やお弁当にうまく取り入れられそうですね。
亜鉛はアルコールや加工食品に含まれる添加物、玄米など未精製の穀物に含まれるフィチン酸を摂取すると、大量に消費され、吸収が阻害されて体外に排出されてしまうので食事+サプリメントで補う工夫も必要です。

・ビタミン類の摂取
ビタミンA:レバー、 ウナギ、 緑黄色野菜、卵黄、バターなど。普通に食事をしている分には不足することはありません。偏食や単品ダイエットをしている方は意識して摂取しましょう。
ビタミンB群:動物性、植物性の食品に含まれており、日本人が普通に食生活を営んでいれば、不足することはありません。
ビタミンE:ナッツ類、いくらやウナギ、イワシ等の魚介類、アボガドなど。ビタミンEはリボタンパク質の中に吸収されて運ばれるのでタンパク質も積極的に摂取しましょう。
ビタミンC:キウイフルーツやイチゴなどの果物、パプリカやパセリ、芽キャベツ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜など。熱や空気中の酸素に弱く、調理や加工の工程で多くが失われるので生で食べられるものは生で食べる、生で食べる場合はカットは食べる直前にする、加熱時間を短めにする、煮物の場合はビタミンCも溶け出すので煮汁も飲む。

以上が乾燥肌対策としてあげられる必要な栄養素です。

好き嫌いもあるので全部を摂取するのは難しいと思いますが、調理や食べ方の工夫次第では美味しく食べられるものもたくさんあると思うので、食事は無理せず楽しく美味しくいただきましょう♪

私自身も乾燥についてはまだまだ知らないこともあるので、色々調べてこのブログを読んで下さっている方にも乾燥に負けない肌を目指してもらえるよう情報発信・情報共有をしていきますね!!

この記事を読んだよ~っていう方は↓をクリックして下さるとまッつんはとても喜びます^^

何か質問、メッセージがありましたらこちらからどうぞ

3*乾燥について知る

こんばんは、まッつんです。

今日は乾燥に負けない肌作りをするための第一歩としてまずは【乾燥】についてお話ししますね。

最初に肌が水分を保持するための三大要素について。

・皮脂膜
角質はがれ、肌の水分の蒸発を防止。
滑らかな肌を保つ役割がある。

・NMF(天然保湿因子)
水分を吸着し角質層に保持する。
肌の柔軟性と弾力性を保つ役割がある。

・細胞間脂質(セラミドなど)
角質細胞同士の隙間を埋め、外部からの刺激、
体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ役割がある。

これらの三大要素はどれも重要な役割を果たしていますが、保湿要素の約80%は細胞間脂質となっています。

では、なぜ私たちには保湿能力があるにもかかわらず乾燥肌になってしまうのか。 

原因その1
 間違ったスキンケア

原因その2
 食事、食生活

原因その3
 生活習慣

この中から今日は【間違ったスキンケア】について一緒に知りましょう!

・こすりすぎや力のいれすぎ
洗顔時に何度も肌をクルクルなで回したり化粧水を肌の奥まで浸透させようとギュッとあてたり…
実はこれらが乾燥の原因になるのです。
角質層をキズつけ保水能力が低下します。
さらには、炎症を引き起こしシミになることも。

・クレンジングと洗顔の回数が多い
洗顔時には肌の汚れや余分な皮脂だけでなく、皮脂膜や細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)も洗い流されます。
これらは肌の水分を保持するための三大要素なので水分保持力が低下する原因になります。

・洗浄力の強いクレンジングや洗顔剤を不必要な場所にも使用している
洗浄力が強いということは、皮脂膜や細胞間脂質、天然保湿成分なども洗い流されてしまいます。
特にふきとりタイプやオイル、リキッドは洗浄力が強いとされています。

って言われても「じゃあどうすればいいの~!!」ってなりますよね。

大丈夫です、ちょっとしたことの積み重ねで乾燥肌は改善してくるので、今日から一緒に取り組みましょう!

・スキンケアをする際は「優しく、力はいれすぎない、指を触れさせない」
指を触れさせないって無理!って思いましたよね(笑)
触れさせない意識でスキンケアをして下さい。
お肌にとって摩擦は大ダメージなので優しくケアして下さいね。

・夜洗顔と朝洗顔を一緒にしない
夜と朝、両方洗顔剤を使っていませんか?
乾燥肌の人は皮脂の分泌が少ないので朝はぬるま湯でサッと流す程度で大丈夫です。
また熱いお湯で洗顔をするのも乾燥の原因となります。
必ず水またはぬるま湯で流すクセをつけましょう。

・クレンジングを肌に優しいものへ
ふきとりタイプやオイルは洗浄力が強いので、クリームやミルクタイプなどに変えるのも乾燥対策になります。
普段がっつりメイクだから洗浄力の強いものを!という場合にはがっつりメイクをするところだけ使用し、あとはクリームやミルクにするなど使い分けるのもいいですね。

ちなみに私も上記の3つは実践しています。

以前は…

肌をゴシゴシ!汚れ落とすぞ~!

冬寒いしお湯で流すでしょう!

夏は汗かくから朝も洗顔剤でゴシゴシ洗うぞ~!

リキッドでメイクをしっかりオフ!!

なんて、乾燥肌まっしぐらコースを歩んでいました(汗)

結果はもうわかりますよね?

カサカサ肌の完成です。

でも、上記3つを実践するだけでも肌の状態は確実に変わってくるので今日からやってみて下さい!
日々の積み重ねは必ず良い結果に結びつきます^^

私も継続+素敵なアイテムで乾燥肌改善してきてます*

一緒に乾燥に負けない肌を目指しましょうね☆

記事を読んだよ~!っていう方は↓をクッリクして下さると嬉しいです♪

お問い合わせはこちらからどうぞ

2*乾燥地帯

こんばんは、まッつんです。

今日は前回のお話の続き、地獄のような場所について…

転職活動を終えた私は当たり前ですが、ほっと一安心していました。

同時にこれから始まる新たな生活に期待と不安も抱いていました。

まずは本社で一週間の研修
ビジネスマナーやエクセルの基礎
またITILファンデーションという資格もこの一週間の間に取得しました。

ここまでは他の会社とほぼ同じような感じですよね。

楽しく話せる同期もできて、この時は期待しかなかったですね。

一週間の研修はあっという間に終わり、配属先も無事に決まりました。

これから手に職をつけてバリバリ働くんだ!

って意気込んでいたのも束の間…

いざ、仕事が始まってみると
まず最初に思ったのは「寒い!!」

言うまでもなくパソコンを使って仕事をするので避けては通れない道なんですよね。

パソコンって電源が長く入っていると本体が熱くなるので部屋の温度が高いのはNG

よって夏も冬も異常に寒いんです!!

冷え性の私にはこれだけでも十分辛いのですが、パソコンが更に私を苦しめるのです。

そう、パソコンは水分・湿度も嫌う。

乾燥からも逃げられない!!

前職は風邪予防も含めて加湿器があったので、わりと快適に過ごせていました。

でも、パソコンがあるそばで加湿器なんてつけたくてもつけられないんですよね。

このことにより起きたこと。。。

顔に粉がふいてる~!!

愛用していた化粧水・乳液もまるで無意味。

じっくりしっかりハンドプレスしてもお昼休みの前には肌カサカサ

正直、あの状況は辛かったです。

通勤に片道2時間(今は引っ越して1時間半)かかっていたので、朝のスキンケア・メイクに時間をかけることができませんでした。

かと言って、このままじゃ肌が…

なんて悩みに悩んでたある日
素敵な出会いがありました。

この日をきっかけにカサカサしていた私の肌は見違えるほどに生まれ変わりました。

もっと早くに出会いたかったと思うほどです。

職場がとっても乾燥していることって結構あると思うんです。

私だけじゃなくて他にも悩んでる人がたくさんいると思うんです。

だからこそこの場で情報発信をして情報共有をしたいと思っています。

女性に生まれたからにはいつまでも綺麗でいたいですよね?

乾燥に負けない肌作りをしていれば自分に自信を持てるようになります!

すぐには改善しないけれど一緒にコツコツと頑張りましょう!

「記事読んだよ~!」っていう方は下記のリンクをクリックしてくれるとまッつんは嬉しいです♪

お問い合わせはこちらからどうぞ